FAQ

【ビジネス】
【一般】




【ビジネス】
Q.
Sサイズのアワビ漁獲していますが、買ってもらうことは出来ますか?
A.
現在、東北地域(青森県尻屋、岩手県三陸沖)より仕入れを行っていますが、今後、Sサイズの天然蝦夷アワビ(100〜150g殻付)を売りたいと考えている漁業者ならびに企業を広げていきたいと考えています。まずは、事務局にご相談ください。

Q.
東北大震災による、漁獲の影響はありますか?
A.
はい。少なくとも昨年の岩手県、三陸沖での漁獲には大きな影響を受け、震災と津波で、三陸の漁業の再開は見通しが立っていない。吉浜地区も漁港が破壊され、漁協の建物も全壊。漁船も大半が壊れてしまったため「商品を提供できる状態にない」(同漁協のウェブサイト)状態だ。





【一般】
Q.
“ふくあわび”を食べられるレストランなどはありますか?
A.
はい。現在、南国酒家にて2012年5月16日(水)〜7月4日(水)まで初夏の特別メニューとして提供予定です。
詳しくは、南国酒家ホームページまたは直接お店にお問い合わせください。

Q.
今まで食べていたアワビと何が違うの?
A.
これまで日本国内で流通していたアワビは、活アワビまたは水煮のものがほとんどで、干しあわびとして加工しているものは大型で100%中国などの海外へ輸出されており、日本のお店で食べる場合は、国産にも関わらず、逆輸入の食材となってしまい、とても高価なものでした。そこで、おいしい干しあわびを国内で食べれるように開発したのが、「ふくあわび」です。
詳しくは、「ふくあわびとは」をご覧ください。

Q.
Sサイズのアワビとトコブシと何が違うのですか?
A.
多くの人は、トコブシがアワビの子供だと思っている人も多いですが、アワビの仲間ですが、全くの別の別種の貝です。詳しくは、「あわびの種類と大きさ」をご覧ください。

Q.
例えば、ツバメの巣やフカヒレなど、女性の美容効果などをよく耳にしますが、干しあわびは、その様な健康や美容に効果的であるという魅力はありますか?
A.
干しあわびでは、成分の内容にもより異なりますが、約3〜5倍栄養価が増します。ただ、これは乾燥された干しあわびの状態であり、戻した段階でのデータは現在分析中です。詳しくは、「栄養成分」をご覧ください。
はっきりしたことを現段階では申し上げられないですが、栄養価や様々な伝説などから、イメージとして中国では、”楊貴妃が好んでその美容ために食した”とか、”秦の始皇帝が不老長寿の秘薬としてアワビを好んで食した”という逸話があります。